クラウドPBXとは?仕組み・メリット・デメリット・選定ポイントなどの基礎知識を解説!

当サイトは近年注目されている話題のクラウドPBXとは何なのか、その仕組みからメリットやデメリット、さらには選定ポイントなどまでの基礎知識を解説しています。
どのようなポイントを押さえて選ぶべきなのか知りたい人におすすめです。
また、クラウドのPBXの初期コストに関しても解説しています。

クラウドPBXとは?仕組み・メリット・デメリット・選定ポイントなどの基礎知識を解説!

クラウドPBXの導入を検討しているため基礎知識を知りたいという人は多いのではないでしょうか。
クラウドPBXはインターネット経由で利用できるPBXで、自社で特別な専用機器を用意する必要がないのがメリットです。
また初期費用や通話料も安く、すぐに使い始められます。
ただし月額料金がかかったり、電話番号に制限がある場合もあるのがデメリットです。
選ぶ際には費用やサービスなどを比較して、合ったものにするのが大切です。

クラウドPBXとは?大まかな仕組みを理解しておこう!

PBXとは、固定電話の回線網を利用してオフィス内の電話機で内線・外線・転送を行えるようにする装置のことを指しますが、近年ではクラウドPBXを導入する企業が増えています。
従来のPBXは、オフィス内に物理的な装置を設置する必要があり、内線をかける際はPBXを経由して通話し、外部からの電話は一度PBXで受けてから、指定された電話番号へと転送される仕組みとなっています。
また、従来のPBXは拠点ごとにシステムを構築する必要があるため、複数の拠点がある企業の場合は拠点の数だけシステムを構築しなければなりません。
これに対し、クラウドPBXではベンダーが用意したシステムをインターネット経由で利用することが可能です。
オフィス内に物理的な装置を構築する必要がないため、導入コストが抑えられるとともに、自社でメンテナンスを行う必要もありません。
加えて、インターネット環境さえあれば場所を問わずに利用できるので、オフィス外でも無料で内線をつなげるとともに、外線に関しても会社の固定電話番号で発着信することが可能となります。

クラウドPBXとIP-PBXの違いとは?

クラウドPBXとIP-PBXは混同されてしまうことも多いのですが、その言葉の定義には非常に大きな違いがあります。
クラウドPBXは高度なIP技術を用いてPBX機能を共有することができるようにし、これを複数の会社に利用してもらうことで、その運用コストの削減と様々なデジタルシステムの機能との連携を実現することができるものとなっているのが特徴です。
その技術にはIP-PBXが用いられていることも多いのですが、それだけではなく様々なシステム連携などを利用する企業からはその仕組みが見えない状態で行うことができるため、スムーズな管理を実現することができるのがポイントとなっています。
企業側は従来のPBXとは異なり、その運用管理を外部に委託することで様々な人的リソースを本来業務に集中させることができるため、非常にメリットの高いものとなっているのが実態です。
物理的な構成はIP技術を用いたものが多いのですが、それだけではなく様々なリソース面でのメリットをもたらしているのがクラウドPBXの特徴です。

クラウドPBXを導入するメリット

クラウドPBXは、従来のPBXと比べて企業に様々なメリットをもたらしますが、まず挙げられるのは初期費用が抑えられることです。
クラウドPBXは、社内に専用の機器を設置する必要がありません。
専用機器の購入費用や工事費用がかからないので、従来のPBXと比べて初期費用を削減できます。
加えて、専用機器の設置が不要なので、スムーズに運用を開始できるという利点もあります。
さらに、クラウドPBXはインターネットを介して通話する仕組みとなっているので、国内外を問わず無料で内線を利用することが可能です。
外線に関しても通話料が安く設定されているので、毎月の通信料も大幅に抑えられます。
また、クラウドPBXはユーザー数や機能の増減が容易という柔軟性も持ち合わせているので、事業規模の拡大に合わせてユーザー数や機能を追加することも可能です。
その他にも、従業員のスマホを業務用電話に利用できる、オフィス移転時に電話番号を変える必要がないといったメリットもあります。

クラウドPBXを導入するデメリット

クラウドPBXは、従来のPBXと比べて初期費用が安く、ユーザー数や機能の増減が容易といったメリットがあります。
一方で、インターネットを介して通話するという性質上、音質がインターネット環境に依存するという側面があります。
そのため、通話品質の維持や向上を図るためには、安定したインターネット環境を構築しておくことが大切です。
また、音質はサービスによっても変わることがあるので、サービス選定時は音質にも注意を払いましょう。
特殊番号に発信できないのもクラウドPBXのデメリットのひとつです。
クラウドPBXでは、110番や119番、118番(海上事件・事故の緊急通報用番号)などの番号に架電することができません。
したがって、緊急時に備えて最寄りの警察署や消防署の連絡先を登録したり、緊急通報アプリを導入したりしておくことが大切です。
加えて、クラウドPBXは初期費用が安いものの、毎月の利用料が発生するというデメリットがあります。
月額料金はサービスによって異なりますが、一人あたり1,000~1,300円ほどかかるので、毎月のコストと得られるメリットを天秤にかけて導入を判断しましょう。

クラウドPBXに関する情報サイト
クラウドPBXの基礎知識

当サイトは近年注目されている話題のクラウドPBXとは何なのか、その仕組みからメリットやデメリット、さらには選定ポイントなどまでの基礎知識を解説しています。どのようなポイントを押さえて選ぶべきなのか知りたい人におすすめです。また、クラウドのPBXの初期コストに関しても解説しています。

Search